就業規則

就業規則

就業規則について

就業規則とは、従業員の労働時間や休暇、賃金等の労働条件を定めた文書を言います。
こうした事業場のルールを定めることで、会社と従業員のトラブルを未然に防ぐことができます。

インターネットで検索を行うと就業規則のひな型をたくさん見つけることができますが、どのような事業場にもぴったり合う就業規則のひな型・テンプレートはありません。

業種や企業規模を始め、個々の事業場で特色が異なり、定めるべきルールも変わってくるからです。

また、就業規則は1回定めて届出を行うと、従業員に不利益な内容へ変更することが難しくなります。

そのため、早い段階でそれぞれの事業場の事情に合わせた適切な就業規則を作成する必要があります。

当法人に依頼するメリット

助成金の申請を前提とした内容で就業規則の作成が可能です

助成金の申請においては、就業規則の記載内容がとても重要になります。
当法人は多くの助成金に精通しているため、申請を前提とした内容での作成が可能です。

トラブルの際にしっかりと会社を守れる内容で作成します

固定残業代や変形労働時間制などの扱いの難しい内容を記載する場合は、内容によっては紛争となった際に無効とされて未払い賃金が発生する恐れがあります。
当法人では、法令や判例を踏まえた内容を記載することにより、トラブルを未然に防ぎます。

業種や会社規模に応じて特色を意識した就業規則を作成します

IT企業であれば客先の常駐、病院であれば夜勤・準夜勤や宿日直関係の規定、人数の少ないクリニックであれば変形労働時間制など、業種や会社規模によって盛り込んだ方が良い内容は様々です。
当法人では、こうした業種ごとの差異を意識した就業規則の作成が可能です。

貴社の事情に合わせた最適な就業規則を作成します!

料金(税別)

就業規則本則作成

顧問契約あり  90,000円
顧問契約なし  140,000円

その他の規程作成

顧問契約あり  60,000円
顧問契約なし  90,000円

就業規則本則、非常勤就業規則、賃金規程、育児介護休業規程セット作成

顧問契約あり  190,000円
顧問契約なし  250,000円

※プレミアム顧問契約についてはプラン内に含まれているため、料金は発生しません。
※ご状況により、料金は変動する場合があります。
詳細な金額は下記からお問い合わせください。

就業規則作成の流れ

STEP
現状のヒアリング

現状の問題点や希望する内容を把握し、どのような内容を盛り込むか検討を行います。

STEP
お見積りの提示

お見積りについて提示いたします。
ご同意いただいた上、導入をスタートします。

STEP
当法人で就業規則の案を作成

ヒアリング内容を基に当法人にて就業規則を作成します。

STEP
打合せ

作成した案を基に再度打合せを行い、詳細を決定します。

STEP
納品・届出

お打合せ内容に合わせて修正後、納品・届出を行います。